2007年5月25日 (金)

荒川区の行政サービス

去年の話ですが、日本経済新聞社と日経産業消費研究所が全国の地方自治体を対象に実施した「行政サービス調査」の総合評価で、荒川区が全国第5位だったそうです。2年前の前回調査の第77位から大躍進です。また、分野別では、「教育サービス」がなんと第1位。

区では、小学校での英語教育の時間数(学級当たり年間35時間)、土曜日の補習(あらかわ土曜スクール)の実施が高く評価されたそうです。パソコンを活用した教育にも力を入れていく方針で小学校のパソコン台を1242から1276台へ増やしたそうです。

そういえば、荒川区では施設の老朽化がひどい南千住の保育園と学童クラブを20083月までに移転・新設を計画があるそうです。鉄筋コンクリート造3階建て延べ2000平米と相当の規模があります。定員は保育園が200名、学童クラブが1120名程度となる見込みだそうです。

こうやって見ると、荒川区は教育関連設備の充実と質の向上にここ数年力を入れて推進していることが分かります。この調子でがんばって!!

|